あさきた神楽公演

あさきた神楽公演は、地域の文化活動の発表を通じて芸能の継承・連携の端緒となり、新たなファン層の拡大や広島市外を含む他地域との交流促進を目的とし、安佐北区内の神楽団を中心に年10回の公演を行っています。

【新型コロナウイルス対策にご協力ください】
当日は
・検温と連絡先の確認をさせていただきます。
・必ずマスクを着用してください。
・会場スタッフの指示に従ってください。

【以下の症状がある方はご遠慮ください】
・発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状のある方
・過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬した方
・過去2週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴のある方

令和4年度【第五回】阿坂神楽団

阿坂神楽団の創立は定かではありませんが、昭和37年に150奉納記念祭を行っており、20

12年に創立200年の歴史を誇る神楽団です。

昔より旧舞を主体に奉納させていただいておりましたが、ここ数年は後継者不足に悩みながらも

女性団員や若者団員の力を得て、古き善き伝統を守りながらも新舞に力を注いでおります。

また2016年より子供神楽を発足し、地域の子供たちと一緒に神楽の練習に励んでおります。

皆様の暖かい拍手とご声援を宜しくお願い申し上げます。

舞台は丹波の国、大江山から始まる。渡辺綱に羅生門で左の腕を切り落とされた茨木童子の哀れな

姿を見た酒呑童子は、手下共を一挙に集め左の腕を取り返すため綱の館へ向かう。

綱は源頼光に羅生門での戦いの様子を報告すると、頼光はその腕が災いを起こす恐れがあるので

七日間の物忌みを命じ、左の腕を見張るよう言い付けた。

腕を取り返すために酒呑童子は、綱の乳母・白妙に化け、綱に腕を見せるよう頼むが、腕が災い

を起こす恐れがあるので見せることはできないと断られてしまう。

次第に本性を現しながら左の腕を取り返そうとするが、またもや綱に阻まれてしまう。

戦いの末、左の腕を取り返した酒呑童子たちは一瞬にして大江山に帰っていき、綱は勅令を仰

ぎ、大江山へ酒呑童子征伐に向かう決意をするという物語。

 

口上を理解するのは、神楽のひとつの醍醐味です。羅生門にて綱と白妙との問答の場面での

「所々語るを聞くに、いとどゆかしき様されど、それなる左のかいな、一目お見せくだされや」

というのは、所々話すのを聞くと、いっそう知りたい気持ちが募るけれど、どうぞその左腕を見

せてくださいませんか?という意味です。

場面場面での綱と白妙の問答の様子の違いをお楽しみください。

 

高天原を追われた素戔嗚尊がたまたま出雲の国、肥の川の上流を通りかかったとき、嘆き悲しん

でいる足名椎、手名椎という老夫婦とその娘、奇稲田姫に出会い、

嘆き悲しんでいるその訳を聞いた尊は、大蛇退治を決意します。

そこで、素戔嗚尊は一計を案じ老夫婦に強い毒酒を作らせます。

やがて、たな引く叢雲に乗って現れた大蛇に巧みに樽酒を飲ませやがて酔い伏して眠ったところ

で十拳の剣を抜き放ち大蛇と格闘を始め、大格闘の末にこれを退治します。

そして大蛇の最後の尾から出て来た一振り剣を天叢雲剣と名づけて、天照大神に捧げ、めでたく

奇稲田姫と結婚するという物語。

 

instagram.com/azaka_kagura01 にて公演予定などを投稿しております。

よろしければ、フォロー・閲覧してみてください。

 

令和4年度【第四回】あさひが丘神楽団

昭和62年に発足したあさひが丘神楽団は、「振興団地の中に郷土芸能を」という取り組みを基 としてスタートしました。 古き伝統の旧舞、新しい時代の新…続きを読む

令和年度【第三回】亀山子供神楽・亀山神楽団

現在小学1年生から中学3年生の30名で活動しています。 亀山公民館にて毎週金曜日、亀山神楽団の皆さんの指導により練習に励んでいます。 神楽舞の基…続きを読む

令和4年度【第二回公演】鈴張神楽団「山姥」・「戻り橋」

 鈴張神楽団は、昭和26年に地元の有志によって結成されました。  結成当初より衣装や道具など全て地元の方々からの寄付によって支えられ、毎年秋に行わ…続きを読む

令和4年6月19日(日)第2回「あさきた神楽公演」を開催します。

第2回公演:令和4年6月19日(日)  開演12時30分 場所:安佐北区民文化センター ホール 出演:鈴張神楽団 入場人数:350人限定 ※…続きを読む

【公演中止】令和4年5月22日(日)第一回「あさきた神楽公演」

令和4年5月22日(日)に開催を予定していました第1回「あさきた神楽公演」は、 急きょ中止することとなりました。 楽しみにされていた皆さま大変申し訳…続きを読む

令和4年度 あさきた神楽公演(前期日程)

今年度も「あさきた神楽公演」を開催いたします。 公演日程は、前期と後期に分けてお知らせいたします。 まずは、前期日程(第一回~第五回公演)です。 …続きを読む

令和3年度【第九回】鈴張神楽団

 鈴張神楽団は、昭和26年に地元の有志によって結成されました。  結成当初より衣装や道具などは全て地元の方々の寄付によって支えられ、毎年秋に行われ…続きを読む

令和3年度【第八回】飯室神楽団

 当神楽団は土井泉(どいいずみ)神社を守護神として昭和57年発足。 山県舞(矢上系6調子)、高田舞(阿須那系8調子)の流派の異なる両舞を継承してお…続きを読む

令和3年度【第七回】亀山子供神楽・亀山神楽団

 私達は、現在小学校1年生から中学校3年生の28名の会員で活動しています。  広島市安佐北区にある亀山公民館にて毎週金曜日、亀山神楽団の団員さんの…続きを読む
お問い合わせ