あさきた神楽公演

令和6年度「あさきた神楽公演」について

【前売券の販売】
今年度より、客席の一部について前売券の販売を開始します。
販売対象となるお席は右記に示す座席表の「エリア指定席」のみとなります。
「エリア指定席」内はご自由にお座りいただけます。
《販売期間》各公演日の一ケ月前から前日まで。
《販売場所》当センター受付 9時から18時
      ※一般券(大人)と子ども券(中学生以下)の2種販売
      セブンイレブン各店舗 一か月前午前0時から前日21時
      ※一般券(大人)と親子ペア券の2種販売
《料  金》一般券(大人)    :1,200円
      子ども券(中学生以下):300円
      親子ペア券      :1,500円 
※親子ペア券は大人と子ども(中学生以下)各一席のペア券で
 あり、必ずしも親子である必要はありません。
※セブンチケットでは、子ども券(中学生以下)のチケット販売は
 行いません。
【当日券の販売】
《エリア指定席券》前売券として販売枚数の上限に満たなかったお席のみ。
《 自 由 席 券 》 当日販売いたします。
《販売時間と場所》 ホール入口において13時開始  
《  料 金  》 エリア指定席 一般券(大人)1,200円 子ども券(中学生以下)300円
          自 由 席  一般券(大人)1,000円 中学生以下無料
【セブンチケットの購入について】
チケットサイト(要登録)または、店頭設置のマルチコピー機のいずれかでご購入いただけます。
チケットサイトからのお申し込みの場合、別途発券手数料が発生します。
サイト内の購入方法や注意事項をよくお読みください。
店頭マルチコピー機の使用法については店頭スタッフへご確認ください。
尚、各公演チラシ、HP等で、セブンコード、URL、QRコードを記載します。
各種コード等は、公演ごとに可変しますのでご注意ください。

【その他】
前売券購入枚数の制限はございませんが、販売枚数上限に達した時点で終了いたします。
中学生の方は、ご入場の際に学生証をご提示ください。

公演当日

《公演時間》14時開演 ※終了は16時ころを予定しております。
      ホール内、席区分を横断することはできませんのでご注意ください。
《 撮影等 》 当センターの方針として、いかなる動画撮影も禁止します。
      写真撮影可。ただし、三脚、フラッシュの使用はご遠慮願います。
《 飲食等 》 水分補給の水を除きホール内での飲食を禁じます。
      ご飲食は指定の休憩場所をご利用ください。
《 駐車場 》 当センターの駐車場(約150台)は、隣接の安佐北区図書館、他のご利用者様と同様に
      使用していただくため、すべての方が駐車できない場合がございます。
      なるべく公共の交通機関をご利用いただくようご協力をお願いします。

令和6年度【第一回あさきた神楽公演】宮乃木神楽団

平成10年、広島県広島市安佐町飯室の野原八幡神社(のばらはちまんじんじゃ)を

御祭神として設立しました

阿須那系八調子を源流とする、梶矢神楽団に師事を受けています。

「神楽とは何か?」を考え、儀式舞、儀礼舞、能舞の流れをふまえ、先人たちの

築き上げた心意気を学びたいと考えています。

今後とも芸を磨き、観る人の心に残る神楽を舞い、また足を運んでいただけるよう

日々精進していきたいと思います。

 

戻り橋において、渡辺綱は、主君の命を受け、鬼神征伐に向かい、取り逃がしてしまいますが、

童子の「左の腕」を切り持ち帰ります。

左腕を切り落とされたと嘆く子分の姿に哀れを覚えた酒呑童子は、自ら綱の乳母「白妙」へと

姿を変え、綱の屋敷へと急ぎます。

一方の綱は、主頼光の命により物忌みに入り、対面を願う偽白妙を拒み、引き取るように

申し出ますが、実の親に同じ白妙の言葉に心惹かれた綱は、白妙を屋敷の中へと招きいれて

しまいます。

正体を現した童子は、結界を破り、左腕を取り返し、茨木童子に揉みつけ、飛び去ろうと

しますが、異変に気がついた綱に阻まれます。

鬼の前に打ち倒されようとした綱を助ける為、岩清水の御幣を頂いた頼光が現れますが、

激戦の末、取り逃がしてしまいます。

頼光は、鬼の住処「大江山」こそ決戦の地と定め、物語は、大江山へと続いていきます。

たらちねの  母に代わりて  育てたる  君の姿をみるぞ  嬉しや

 

日本武尊は、相模の国を平定して更に東の国へと進みます。

そして、走り水(東京湾の入口)から上総(かずさ・房総半島・千葉県)へ船で向かいました。

船が港を離れると波は次第に荒くなり、走り水の名の通り、潮は南北に激しく走るように流れ

ます。

これまでの戦いに討ち果たした者たちの怨霊がこの波(浦賀水道)の海底に集い日本武尊を

荒海へと引きずり込もうと襲いかかるかのようです。

底津王と霊怪士という恐ろしい海の鬼神は、日本武尊第一の宝物を犠牲(いけにえ)に

差し出させようとしたのです。

これを感じた弟橘姫は、武尊のこれからの活躍を祈り、自ら荒れ狂う海に身を投げたのです。

一瞬に海は青く静かになり、武尊は無事に上総の地を踏み、東の国へと向かったのです。

≪公演終了≫令和5年度【第十回公演】あさひが丘神楽団

昭和62年に発足したあさひが丘神楽団は、「振興団地の中に郷土芸能を」という 取り組みの一環としてスタートしました。 古き伝統の旧舞、新しい時代の…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第九回公演】大塚神楽団

大塚神楽団の発足は明確ではありませんが、明治30年代頃と思われ、その起源は島根県石見町 矢上の「矢上神楽」と伝えられています。 旧舞として受け継…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第八回公演】亀山神楽団・亀山子供神楽

亀山子供神楽は、現在小学1年生から中学3年生までの22名で活動しており、 地元の亀山公民館で毎週金曜日に、亀山神楽団の団員の指導により稽古に励んで…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第七回特別公演】上中調子神楽団・大森神楽団

上中調子神楽団はおよそ70年前、上中調子地区で活動を行っていましたが、時代が昭和に 入り、戦中・戦後の混乱に昭和18年の大水害や20年代の太田川改…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第六回公演】宮崎神楽団

大正三年に宮崎神楽団の前進である「日進神楽団(にっしんかぐらだん)」として発足。 途中改名もありましたが、昭和三十四年に「宮崎神楽団」と改名、現在…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第五回公演】津浪神楽団

昭和6年河内神社を主祭神とし、その氏子により「津浪神楽団」として設立しました。 石見神楽の流れを汲む矢上系山県舞の伝統を守り、六調子の旧舞を主体に…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第四回公演】飯室神楽団

当神楽団は土井泉(どいいずみ)神社を守護神として昭和57年発足。 山県舞(矢上系6調子)、高田舞(阿須那系8調子)の流派の異なる両舞を継承しており…続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第三回公演】鈴張神楽団

鈴張神楽団は昭和26年に地元の方によって結成されました。 神楽団結成から、衣装や道具などは全て地元の方々に寄付によって支えられ、毎年秋に行われる …続きを読む

≪公演終了≫令和5年度【第二回公演】綾西神楽團

綾西神楽團は、土井八幡神社をご祭神として、1981年12月、安佐北区可部町綾ケ谷に 「綾西神楽同好会」として発足しました。 父祖累代…続きを読む
お問い合わせ